プティ・シェーブル

OUR STORY

なぜヤギなのか。

よく聞かれる質問です。これには、私たちの社長が体験した幼い日の思い出が大きく影響しています。 社長の話にお付き合いください。戦後まもなく、妹が生まれました。食糧難からか、母は母乳の出がよくなかったのです。ある日、父が家に ヤギを連れ帰ってきました。母乳の代わりにヤギのミルクを、と考えたからです。医者からは「体が弱い子だから長く生きられないかもしれない」 といわれたそうですが、妹はヤギのミルクで元気にすくすくと育ちました。ヤギのミルクは「命をつなくミルク」だと、子どもながらに思った訳です。 粉ミルクが一般的ではなかった時代、日本でもヤギのミルクは母乳の代用品として飲用されていました。母乳の成分に近いからです。 昭和30年ころをピークに、現在ではヤギの飼育頭数は激減しています。

魅力と可能性を感じて

もちろん個人差はありますが、ヤギのミルクはアレルギーが起こりにくといわれています。栄養面でもすぐれた部分が多くあります。 スッキリした口当たりの良さも特徴です。現在は食の好みや調理法が多様化しています。その一方で高齢化が進み、農業が縮小化している中、 ヤギのミルクが果たす役割は大きいのではないだろうか。社長の経験も重ね合わせ、私たちはそう考えました。ヤギのミルクに大きな魅力と可能性を感じ、 北海道・日高町に広大なヤギの牧場を持つことにしたのです。

品質への自信。

ヤギのミルクは特有のクセがある。そう思っている方もいるかもしれません。これには理由があります。 ヤギのミルクは周りのにおいを吸着しやすいからです。そこで私たちは「おいしいヤギのミルク」のために、 牧場や加工施設のあり方を徹底的に考えました。ヤギ舎を清潔に保つのはもちろん、ヤギになるべくストレスをかけない環境づくりや 飼育方法にも努めています。さらに極力空気にふれさせない加工技術により、くさみがほとんど感じられないミルクを、食卓へお届けすることが可能になったのです。

OUR FARM & MILK

星降る牧場

私たちのヤギ牧場がある北海道・日高町は、海と山に囲まれた自然豊かなまちです。牧場の周囲には建物や電灯がないので、 夜には満天の星空がときかくきれいです。約42ha(東京ドームが約10個分)の敷地に、およそ600頭のヤギを飼育しています。 これは国内最大規模を誇ります。ヤギはオスとメスに分け、オスは個室で、メスは月齢ごとにグループをつくり、ヤギ舎の中で暮らしています。 夏場は広大な牧草地を駆け回り、たっぷりと青草を楽しみます。冬場は乾燥させた牧草を主体に食べています。

ヤギのミルクができるまで。

搾乳からボトリングまでの工程は、スピード感を大切にしています。搾乳は自動搾乳機で衛生的に行います。絞った生乳はすぐにバルククーラーで保冷。 急速に冷やして乳質が落ちるのを防ぎます。そして敷地内の工房に運び、75度で15分ほど低温殺菌します。その後は再び冷却し、ボトリングします。 この間、ヤギのミルクが空気にふれるのはわずかな時間だけ。品質には絶対の自信を持っています。ヤギは一年の限られた時期に繁殖する季節繁殖動物のため、 春から初秋までしか搾乳できません。そこで私たちは業務用冷蔵庫を導入しました。フレッシュなミルクに加え、鮮度の良いまま冷凍したミルク※①を用意。 北海道から全国へ、一年を通していつでも質の高いヤギのミルクをお届けすることができるようになりました。 私たちはが愛情をもって育て、衛生的に絞り、自信を持っておすすめするヤギのミルクを、そしてそのミルクからつくったチーズやスイーツを、ぜひ一度お試しいただけると幸いです。
ヤギのミルクの特性に詳しい岐阜大学大学院名誉教授・田中圭一先生にお話をうかがいました。乳(にゅう)に由来するたんぱく質の中には、いろいろな種類があります。 牛乳にはアレルゲン性が高く、牛乳アレルギーの原因になる「as1カゼイン」が多く含まれますが、ヤギ乳には少ないため、個人差はありますが、アレルギーが起こりにくいといわれています。 栄養面では、必須アミノ酸(体内で合成されず、必ず食物から補給しなければならない)9種類のうち6種類が牛乳よりも高い濃度で含有。またタウリン※②含量が高いことも特徴的です。 カルシウムやカリウムが牛乳の120%含有し、ミネラルバランスにすぐれています。中鎖脂肪酸の含有が高いため、すみやかにエネルギー源として消費され、 体脂肪として蓄積されにくいこともわかっています。 そして、含まれる脂肪球のサイズが牛乳の6分の1と小さいために消化されやすく、お腹がゴロゴロしにくいといわれています。世界でもヤギ乳の有用性についての臨床報告は多くされています。 乳幼児、高齢者、消化器系の弱い人には特にヤギ乳、チーズなどの加工品を推奨します。

※②魚介類や軟体動物に多く含まれ、消化管内でコレステロールの吸収を抑える動きなどを持つ。心臓・肺・肝臓・脳・骨髄などのさまざまな臓器や組織に広く含まれていることから、 生命の維持に必要な成分と考えられています。タウリンはコレステロールを減らす、心臓や肝臓の機能を高める、視力の回復、 インスリン分泌促進、高血圧の予防など、さまざまな効果があると言われています。母乳の中にも多く含まれ、乳児の発達に関わっています。人間の体内でも作り出すことができますが、必要量には足りないため、食品から取り入れる必要があります。医薬部外品のドリンク剤の成分としてもよく利用されています。
(厚生労働省e-ヘルスネットより抜粋)